退職 所得 の 受給 に関する 申告 書。 従業員が退職する際の手続きとは? 社会保険や税金など会社側でやること

建設業退職金共済事業本部 制度について

に関する の 受給 書 申告 所得 退職

源泉徴収票は、通常、一年間に支払った給料や税金などの金額が計算されて記載されるので、年末から1月上旬には発行され、それぞれ従業員に渡すことになります。 Contents• 「雇用保険被保険者離職証明書」は失業給付の給付額の決定に必要な書類のため、次の就職先が決まっているケースなど、従業員が離職票の交付を必要としない場合には、提出は不要です。

3

建設業退職金共済事業本部 制度について

に関する の 受給 書 申告 所得 退職

退職金に課税される税金 事業所側が役員従業員などに退職金を支払った場合、源泉徴収した所得税と復興特別所得税は、翌月の10日までに納税することが義務付けられています。 退職所得の受給に関する申告書はいつもらえるの? 退職所得の受給に関する申告書は、 基本的に 退職金をもらったり、 請求したりする時に合わせてもらいます。 42%の所得税額及び復興特別所得税額が源泉徴収されますが、受給者本人がを行うことにより所得税額及び復興特別所得税額の精算をします。

退職金は、退職所得の受給に関する申請書の提出がなければ確定申告を

に関する の 受給 書 申告 所得 退職

まず、2カ所から退職金が支給される場合には、勤務年数が長い会社が優先されます。 退職金は「退職所得」といって、他の所得とは別に計算されます。 さらにそれでもマイナスが出ている場合は、確定申告で最長3年間の損失繰越も可能という制度です。

従業員が退職する際の手続きとは? 社会保険や税金など会社側でやること

に関する の 受給 書 申告 所得 退職

次に勤続年数が短い会社が手続きする 2カ所から同時に退職金を受給する場合には、まずは勤続年数の長い会社の方の退職金の手続きを行います。 ただし、確定申告をするほうがいい場合もありますので注意が必要です。

15

退職所得の受給に関する申告書【提出先・書き方・記入例・様式・市町村長・どこ・ダウンロード・計算・申請書・退職金・所得税】

に関する の 受給 書 申告 所得 退職

この場合には、退職所得の受給に関する申請書を提出してあっても、再度、退職金も含めた確定申告を行って税額を確定する必要があります。

退職金の受給に関する申告書と退職手当の関係と提出先について

に関する の 受給 書 申告 所得 退職

つまり、 「退職所得の受給に関する申告書」は、退職金の税金を安くするための軽減制度の適用を受けるために必要な申告書ということになります。 確定申告を自分で提出する時は、提出先は税務署、市町村長です。 注:本記事は執筆時点の法令に基づくものです。

8

退職金は、退職所得の受給に関する申請書の提出がなければ確定申告を

に関する の 受給 書 申告 所得 退職

よって、収入金額2100万円に20%=420万円(復興特別所得税は後述)が課税され、手取り額は 1680万円となります。 書類の提出が必須 退職金を受け取る前に「退職所得の受給に関する申告書」を会社に提出しておくことで、確定申告をする必要がなくなります。

16

退職金の受給に関する申告書と退職手当の関係と提出先について

に関する の 受給 書 申告 所得 退職

健康保険・厚生年金被保険者資格喪失届はで作成できます。

8

退職金に税金はほとんどかからない!非課税になる金額一覧

に関する の 受給 書 申告 所得 退職

退職金を支給した人数が同時期に複数名いた場合 退職金を支給した人数が同時期に複数名おり、かつ、その退職者たちが同じ市区町村の管轄で、さらにその退職金に住民税が発生した場合は特別徴収納入申告内訳書を市区町村に提出します。 そこで、他の給与所得などとは区別して特別の軽減を図ることになっています。

14