代替 読み方。 「代替」の意味・読み方|代替品・代替案の説明と類語・英語表現を解説

【代替】 読み方は4つ。「だいたい」以外を言えますか? | ガジェット通信 GetNews

読み方 代替

音読み:タイ、ダイ• どうも。

10

「代替案」の意味や読み方は?正しい使い方は?代替品や代替策も

読み方 代替

今回の調査では代替を「だいたい」と読む方が69. この場合は「代替」ではなく「代理」等で表現するのが適当でしょう。

7

「代替」の読み方、「だいたい」「だいがえ」?

読み方 代替

代替の読み方・意味・使い方 「代替」は基本的に「だいたい」と読み、「それに見合う他のものでかえること」という意味があります。 踏み台を箱で代用する その物の代わりに用いること。

2

【代替】 読み方は4つ。「だいたい」以外を言えますか?

読み方 代替

そのため、「だいがえあん」と読んだからと言って意味が通じないわけではありません。 こちらは、既に提出済みのオリジナルの案に対して作った案のことを指します。

3

「代替」の読み方と意味とは?「代替え」との違いや類語も紹介

読み方 代替

とはいえ、読み方が気になるという人も中にはいますので、ビジネスの現場ではどちらを意識するか気をつけたほうがいい言葉です。 戦争が終わってまもなくの食糧危機で、都会から田舎に買い出しに行く頃まで使われていましたが、最近ではほとんど使われません。 本来の読み方だけ知って、読み方は場所により使い分けることが大事と思います。

14

代替の読み方と意味とは

読み方 代替

正しくは「いちだんらく」と読むのが当たりなんです。

13

「代替」の読み方。正しいのは「だいたい」?「だいがえ」?

読み方 代替

「だいがわり」は厄介 さて、それでは「代替」を「だいがわり」と読むことの説明をしましょう。

「代替」ということばは、最近は「だいがえ」とも読むようですが、この読みは正しいのでしょうか?|漢字文化資料館

読み方 代替

そこで、「両替」「振替」「住み替え」などに引きずられて、「代替」も「だいがえ」化していったのかもしれません。 しかし、対案はオリジナルの案を作成した人以外でも作成できるもので、オリジナルの案に対して違う意見や味方が取り入れられて作られるものです。 「代」は「代理とする」や「代用する」、つまり「他のものや人にかわって引き受ける」という意味です。

「代替(だいたい)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

読み方 代替

正しい読みは「だいたい」だが、昨今では「だいがえ」も誤りではないといわれるようになった。 説明は「代替(だいたい)の重箱読み。

17