花 より 男子 二 次 小説 つか つく 再会。 新たな道へ 6

花より男子★二次小説 夢 桜 庵

男子 つか つく 花 小説 より 再会 次 二

」 「いや、いいよ。 稜の事なんだけど。

花より男子★二次小説 夢 桜 庵

男子 つか つく 花 小説 より 再会 次 二

18

新たな道へ 6

男子 つか つく 花 小説 より 再会 次 二

ごめんね・・・弱い私でごめん・・・ ・・・そして4年経った今も心は凍ったまま・・・ あの頃から動けないでいる・・ <2> 司が牧野のことだけを忘れて4年が経った 牧野は司の家で司に二人の思い出の品であろう品々を司に返した あれからもう4年・・・ 俺達は大学4年になっていた 司は、海って女を牧野と履き違えたまま付き合い続けている 司の母親もかなり妨害したらしいが、牧野の時と違って今度は司自身が 色々策を講じて女のことを護っているらしい 牧野と付き合っていた時は、牧野の方が司の母親と闘っていたのにね・・・ 俺は大学3年頃から花沢物産で仕事を始めたよ・・・ いつも牧野に『寝てばっかり』と言われていたけど 今の俺を見たら、きっとびっくりするね・・・ 総二郎もあきらもそれぞれ自分の進まなくてはいけない道へ 進みだしたよ・・・ ねぇ、牧野・・・今君はどうしてる? 俺は今度牧野に会ったら絶対に離さない・・・ 例え今牧野の隣に誰かいたとしても・・・ その為に今俺は死に物狂いで頑張ってるんだよ・・・ 牧野に会いたい・・・ <3> 真夏の太陽がアスファルトを焦がしていく中 汗を流しながら買い物袋をぶらさげて古ぼけた食堂へ入ると 「ただいまー」と食堂の主人に言いながら2階へ 駆け上がっていく一人の女性がいた ストレートの黒髪を長く伸ばしたその女性は4年前から比べると 蛹から蝶へふ化したように綺麗になっていた しかし、その綺麗な顔は分厚い眼鏡で隠してしまっていた 鍵をポケットから取り出し、ガチャリと開けると、部屋から暑い空気が 漂っていた。 」 「オレは、応援してるからさ。

7

花より男子★二次小説 夢 桜 庵

男子 つか つく 花 小説 より 再会 次 二

」 総二郎に、背中を押されたその時、前を通りすぎそうとした人物にぶつかった。

11

花より男子★二次小説 夢 桜 庵

男子 つか つく 花 小説 より 再会 次 二

しばらくたったある日、玲人は彼女の部屋を訪れた。

花より男子★二次小説 夢 桜 庵

男子 つか つく 花 小説 より 再会 次 二

」 「へぇ、じゃあ梓の彼氏ってこと??」 「あきら、まぁ、そのへんにしとけよ。 毎日、彼女の仕事が終わった後、彼女の部屋で一緒に料理を作り、ワインを選んで呑む、それがささやかな幸せだった。

8