インテグラ タイプ r。 ホンダ インテグラタイプR (初代 1995

ホンダ・インテグラタイプR

R インテグラ タイプ

自動車専門誌でも話題の一台となった。 に、マイナーチェンジがおこなわれた。 対するタイプ Rは、同じ型式のエンジンを積んでいるにも関わらず、その性能差は、まさに別物と呼べるものでした。

16

ホンダ 4代目 インテグラ(DC5)とタイプ S (Si) とタイプ Rの違いって?

R インテグラ タイプ

燃料タンク容量:50L ZC型(キャブレター仕様)• 4代目シビック(EF型)とサスペンション部品を共有し、初の搭載車であるのも特徴。

1

ホンダ インテグラタイプR 歴代モデル•グレード・外装・内装写真一覧

R インテグラ タイプ

一緒に乗った方がみんなGを感じるといいます。 これ以降がいわゆる後期型となる。

ホンダ 4代目 インテグラ(DC5)とタイプ S (Si) とタイプ Rの違いって?

R インテグラ タイプ

元プロドライバーのドリキンこと土屋圭一氏も、インテグラタイプRを非常に高く評価しています。 燃料供給装置形式:キャブレター(CVデュアルキャブ)• 実際、is 前期 、タイプS 後期 といった通常モデルはタイプRと同じDC5型で、エンジンもチューニングが異なるのみで共通。 DVD再生 AV機器• エアサスペンション• 4mを誇った。

ホンダ インテグラタイプR 歴代モデル•グレード・外装・内装写真一覧

R インテグラ タイプ

フロントサスペンションが、先代モデルのダブルウィッシュボーンから、生産性、プラットホーム他車種流用のコスト削減の理由からマクファーソンストラットながら、ダブルウィッシュボーンの性能を求めた、「トーコントロールリンクストラット」に変更した。

ホンダ・インテグラタイプR

R インテグラ タイプ

ABS• 電動格納ミラー• それに伴い、インテグラ・タイプRも3ドアクーペに一本化したうえで第2世代に切り替わった。 外装は、タイプRの専用車体色であるチャンピオンシップホワイトのほか、軽量、フロントのおよびリアの大型スポイラーを標準装備し、内装では、社製 360径(非装着車)、削り出し、フルスケール10,000rpmのを備えたイエロー指針のメータ群(NSXタイプRと近似)および社製が採用された。

ホンダ・インテグラ

R インテグラ タイプ

グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 クーペ・スポーツ・スペシャリティ E-DA5 1590cc 3 5MT FF 5名 14. 最大トルク:17. クーペモデルがすでに人気がなくなり、インテグラ自体が時代に逆行する新車であったことから、4代目インテグラ販売台数は伸び悩むこととなり、2006年をもって生産終了になりました。 次期型が登場するとなると、予想されるパワートレインは前出「シビック Siクーペ」から流用される1. 最大出力220PSまでパワーアップされた2. には、00specあるいは99specと呼ばれる初代タイプRの最終型が発売された。 所有していたときは、俳優の先輩に「ボディーに顔が映るくらいじゃなきゃダメだ」と言われ、よくワックスがけを行ってい大切に乗っていたそうです。

16

ホンダ・インテグラ

R インテグラ タイプ

リッター当たり111馬力を絞り出す市販車用エンジンは稀有。 燃料供給装置形式:キャブレター• 6Lにはデュアルポンプ方式の4WDも用意される。