ヨハネの黙示録 蝗害。 ヨハネの黙示録5章

ヨハネの黙示録を味わう

蝗害 ヨハネの黙示録

21:8 [ ] しかし、おくびょうな者、信じない者、忌むべき者、人殺し、姦淫を行う者、まじないをする者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者には、火と硫黄の燃えている池が、彼らの受くべき報いである。 再臨の時には、罪の堕落によって世に入り込んだ一切の悪から被造物世界が解放されるからです(「ローマの信徒への手紙」8章19~23節)。 当時ヨハネは迫害に遭い、エーゲ海の孤島パトモス島に流されていました。

2

口語訳聖書

蝗害 ヨハネの黙示録

この女の奥義と、女を乗せている七つの頭と十の角のある獣の奥義とを、話してあげよう。 5:7小羊は進み出て、御座にいますかたの右の手から、巻物を受けとった。 それと同様に「ヨハネの黙示録」の中にも明示しないことを前提として書かれている箇所があるのではないでしょうか。

6

全世界に来ようとしている試練の時に、わたしもあなたを守ろう。(ヨハネの黙示録3:10)

蝗害 ヨハネの黙示録

また、すべての船長、航海者、水夫、すべて海で働いている人たちは、遠くに立ち、 18:18彼女が焼かれる火の煙を見て、叫んで言う、『これほどの大いなる都は、どこにあろう』。

4

ヨハネの黙示録(口語訳)

蝗害 ヨハネの黙示録

現代のクリスチャンは、このことをもっと意識するべきだと思うんです。 神が人と共に住み、涙をぬぐわれる、死もなく、悲しみもない。

4

ヨハネの黙示録

蝗害 ヨハネの黙示録

「彼らが引き起こした痛みは、あたかも男性がサソリに打たれたかのようなものでした。 これが第二の死である」。

19

ヨハネの黙示録の研究を始めるにあたって

蝗害 ヨハネの黙示録

最後の災いについて語り出す前に天国の幻はこのことを告げようとしているのであり、まさにそれゆえこのタイミングで出てくるのです。

15